海外アニメ会社社長「ここ10年くらいの日本のキャラで海外でも有名なキャラはいない。ピカチュウは誰でも知ってるけどワンピースのキャラに知名度はない」

1: 名無しのアニゲーさん 2020/11/21(土) 00:32:37.31 ID:ulwaQTLo0
no title

数々のゲームやアニメ作品のローカライズ(現地化)ビジネスを手がけてきたアクティブゲーミングメディア社(以下AGM社)を率いるイバイ・アメストイ社長に、現在の日本と世界のコンテンツビジネスシーンについて語って頂いた。

コンテンツの歴史上、今が最も日本と海外が離れてると思います。
以前は日本のコンテンツの海外へ対する影響力は強かったのですが、ここ10年ぐらいでアメリカのコンテンツ産業が盛り上がって、マーベルなどの歴史あるコンテンツが上手くリデザインされて世界に強く発信されました。

それに比べ日本では圧倒的なコンテンツが最近出ていません。
「日本の強いコンテンツは何か」誰に聞いても出てくるのは「マリオ」「孫悟空」「ポケモン」ですね。
どれも20年、30年前のキャラクター、でも形はまったく変わってない。
世界では常に新しいコンテンツが生まれ、それが上手くプロモーションされ古いものはリデザインされていきますが、日本のコンテンツ、特にキャラクターは昔のままです。

『ワンピース』『NARUTO』は大ヒットしていても、そこからキャラクターがひとり歩きしないのです。

ピカチュウは誰でも知っているが『ワンピース』のキャラクターにそこまでの知名度はないです。

https://nizista.com/views/article2?id=40f933f0ee8911e6bacba52bb8e81561
す?


Source: アニゲー速報